Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

最近の記事

福岡県八女市議会請願の概要 

この程、下記内容の請願を八女市議会に提出し、12月11日に委員会審査が行われました。結果は自民党系の議員たちが反対して否決。今回の私たちの請願(公的行事での国旗掲揚、道徳教育の充実と人権教育で拉致問題を扱う事、国語教育の充実)に反対した自民党系の議員は下記の通り。

服部 良一
寺尾 高良
井上 賢治

また、栗原吉平氏は委員長であるため、評決には参加せず。

今回の八女市議会の件について、やはり、酷いと思うのは、反対に回った議員たちの大半が、教育の正常化を訴えるべき保守系の議員だったということです。請願書を下記に引用します。読んでもらえばわかると思いますが「革新系」が反対することはあっても「保守系」が反対する道理はないはずです。しかし、その自民党系の議員たちがこの請願を潰したのです。


八女市の教育改革を求める請願
平成29年11月28日
請願者 福岡市中央区
教育正常化推進ネットワーク
事務局長 近藤 将勝
福岡市中央区
福岡の教育を考える会
事務局長 眞壁 良輔
八女市議会議長 川口 誠二 様
紹介議員 牛島 孝之
1 要旨
(1) 運動会や学校行事、教育の日など公的行事において国旗掲揚を行うこと
(2) 道徳教育を充実させ、人権教育において北朝鮮拉致問題を取り扱うこと
(3) 日本語教育、国語教育に全市的に取り組むこと
2 理由
 本市は、豊かな自然にあふれ、全国的に八女茶の産地として知られるなど農林業や、仏壇など伝統工芸の盛んな地方都市として知れ渡っております。一方で、福岡市から1時間ほどの優位性があるにもかかわらず、都市間競争などの面でいえば、近隣自治体や福岡都市圏地域に比較して遅れた面もあります。とりわけ教育について、旧態依然とした冷戦時代の残滓が散見されることが、かねてより気がかりでございました。
 私どもは、八女地区出身者もおり、中学・高校時代まで本市で育った者と、福岡都市圏など県内外の他地域出身者との話の中で、学校や教育委員会行事における国旗の取り扱いや、道徳教育などについて差異があることに気がつきました。国旗の意味、意義や国歌そのものを教わらなかった者もおります。
他方、福岡県内においても、運動会、体育祭で児童・生徒が国旗を手に行進する光景(とくに県立高校)や、福岡市のように立志式を行う、偉人伝を読み聞かせるなど公教育のなかで、健全な国民意識を育む多様な取り組みがなされております。
 しかしながら、本市において市主催の教育の日であるにもかかわらず、国旗が掲揚されていないなどの実態があります。平成11年に国旗及び国歌に関する法律(国旗国歌法)が成立し、学校における、国旗と国歌の指導は、児童生徒が国旗と国歌の意義を理解し、尊重し、すべての国の国旗と国歌に対して等しく敬意を表する態度を育てるために行っているものです。
 また、道徳教育よりも人権教育、平和教育という風潮も依然根強いとも聞き及びます。もとより人権教育や平和教育を軽視するものではありませんが、道徳教育を、押し付け、戦前への回帰と曲解してきた面がありました。
文部科学省は、平成27年3月の小・中学校学習指導要領の一部改訂によって、道徳の時間を「特別の教科 道徳」として位置付け、多様で効果的な道徳教育の指導方法へと改善、 検定教科書を導入しました。これに伴い、教科外の活動であった道徳が30年度から小学校で、31年度から中学校で教科に格上げされることになります。
一部に懸念があるように愛国心の押し付けになるとか、入試への評価に利用しないよう国も慎重な実施を進めるとしており、家族や地域の中で生きる意味を見出し、学校で相次ぐいじめなどに対して、子供たちを加害者にも被害者にも傍観者にもしない正義感の発露を促すなど、やがて社会に出ていく子供たちの成長を支えるものが道徳教育だと受け止めております。それは、人権教育や、平和教育と矛盾するものではありません。少数者の立場を尊重し、差別やいじめを許さないことは道徳教育の中でも求められます。
人権教育においても、同和問題をはじめとする国内の差別問題のみならず、北朝鮮による日本人などの拉致問題も、重大な人権問題です。本市でも、平成25年、県や福岡法務局などとの共催による『スマイルフェスタやめ2013』において、横田めぐみさんのご両親、横田滋さんと早紀江さんが約90分に亘って記念講演されました。
当時13歳だった横田めぐみさんが新潟で拉致されたなど身近な題材で、拉致は不当な人権侵害であるとともに、昨今の核実験、ミサイル発射にみられるように平和を脅かす安全保障の問題であり、国家主権の侵害であることを子供たちに伝えることはとても大切なことです。我が国は、世界で最初に核兵器による攻撃で多くの尊い人命を奪われた国であり、人権尊重、平和への願いは人類共通であることを強く主張できる立場にあります。
日本語教育、国語教育についての取り組みについては、上陽北汭学園において礼節・ことば科という新たに教科を設けて取り組んでいるといいます。近隣でも佐賀県鳥栖市が平成27年度より教科「日本語」を設けています。鳥栖市独自で作成した教科書を使用していますが、小学校低学年・中学年・高学年・中学校用の4種類あり、詩やことわざ、慣用句などで表現力やコミュニケーション能力を身に付け、鳥栖市や佐賀県などの伝統文化や礼儀作法を学ぶとのことです。八女市でも、上陽北汭学園の事例もあることから、鳥栖市と同じような取り組みは、可能ではないでしょうか。
日本語の乱れや語彙力の低下による世代間コミュニケーションの困難さなどが指摘されておりますが、社会生活を営む上で欠かせない言語表現は、教育の基本であると考えます。スマートフォンの普及、フェイスブックやラインなどのSNSの発達は便利な半面、言葉遣いの基本がおざなりになった稚拙なやりとりによるトラブルなどが問題となっています。
ベストセラーとなりました「英語化は愚民化」(集英社新書)の著者、施光恒九州大学大学院准教授は、「英語化によって日本の知的中間層が衰弱したら、日本経済の再生など不可能です。グローバル化の流れに乗れば、国民が幸福になるというのは幻想です」と指摘されています。
英語教育も大事ですが、まず母国の言語、言葉をしっかり育むことが何より重要です。伝統文化を大切に守ってきた八女市だからこそ、全国に率先して日本語教育、国語教育の充実、独自の取り組みをしていただきたいです。
以上の趣旨により、我が国の将来を担う子供たちを健全に育てていくうえで、本市の課題となっている3項目の実現を図られることを請願するものです。

以上


ma.jpg
24909813_1243272819107785_4015808500044084825_n.jpg


<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: 活動報告

Thread: 政治・地方自治・選挙 - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

福岡県八女市議会請願否決 



平成29年12月、教育正常化推進ネットワーク(事務局:東京都新宿区 代表:千葉明)、福岡の教育を考える会は、八女市議会に「八女市の教育改革を求める請願」を提出しました。

(1) 運動会や学校行事、教育の日など公的行事において国旗掲揚を行うこと
(2) 道徳教育を充実させ、人権教育において北朝鮮拉致問題を取り扱うこと
(3) 日本語教育、国語教育に全市的に取り組むこと

この3点を求めた請願は、賛成少数で否決。この顛末をまとめた、記事が掲載されている雑誌を広く知らしめるべく、八女市の関係各所に郵送。送付先へ連絡をしていた際に、八女市立西中学校校長・信國文孝から信じがたい発言がありました。

「拉致問題は17項目のうちの一つにすぎない」

「時間的制約から扱えないかもしれない」

「ポスターでの啓発を行うことになるだろう」

拉致問題は、深刻な人権侵害であることは明らかです。
拉致問題を人権教育で取り上げることは、内閣府も文部科学省も文書で全国の教育委員会に通達を出しています。それにも関わらず、このような発言をし、拉致問題を人権問題として認めない姿勢が明らかになりました。このような人権感覚の持ち主が、校長に就任するということが八女市の現実です。彼が、現場の教諭だった頃、日教組の組合員として偏向教育に熱心だった過去もあります。この現実を日本国民の皆様に知っていただきたいと思い、音声を公開致します。


<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: 活動報告

Thread: 政治・地方自治・選挙 - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

本会役員が就任 

教育正常化推進ネットワーク(事務局:東京都新宿区 代表:千葉明)の役員が、中国における臓器移植を考える会(事務局:東京都新宿区 代表:加瀬英明)の役員に就任しましたのでお知らせいたします。

【HP】中国における臓器移植を考える会
http://smgnet.org/
【TW】中国における臓器移植を考える会
https://twitter.com/SMG2018123
役員・事務局人事構成
http://smgnet.org/about-smgnet/org/


代表
加瀬英明
副代表 
岡野俊昭
事務局長 
野村旗守
事務局次長 
笹原寛樹
事務局 
佐藤マチ子
根本敬夫



<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: お知らせ

Thread: 政治・時事問題 - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

ご支援のお願い 

本会は、保守系の市民団体で、日教組問題や、民主党政権時に成立が危ぶまれた永住外国人地方参政権や人権侵害救済に関する法律反対、最近は、子宮頸がんワクチン問題、国の奨学金に給付型を求める活動などに取り組んでおります。
同和行政については、平成19年から本格的に着手し、福岡県八女市の人権・同和教育係長が、情報公開請求に訪れた市民に威圧的な言動を行い問題化した事件を皮切りに、国庫補助で配置された児童・生徒支援加配教員の目的外使用(同和関連団体への長期派遣)について住民監査請求を行い、県監査委員会から棄却されたものの、「違法性を帯びる出張」について指摘を勝ち取る(福岡県公報平成19年5月11日・第2675号、『正論』(産経新聞社)平成19年8月号参照)など主に教育関連について進めてまいりました。

基本、会員らの手弁当で活動を展開しております。もし宜しければ、本会の趣旨にご賛同くださる方からご支援をいただければ幸いです。



<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: お知らせ

Thread: 政治・時事問題 - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

新年のご挨拶 

新春のお喜びを申し上げます。
昨年は、奈良市への申し入れなど関西でも活動を展開するなど新たな動きを進めた1年でした。一方で、我々が提出した請願が否決されるなどという事態もあり、教育の正常化に向けての道のりは遠いとも考えております。

人権や障害者問題など教育の領域にかかわりが深い問題にも関心を寄せて参りたいと思います。
今年は、今上陛下の御世最後の年であります。国民の一人としてしっかり持ち場でそれぞれが役割を果たしてまいります。

役員・会員一同なお一層精進してまいります。益々のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

平成30年1月
教育正常化推進ネットワーク一同


<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: お知らせ

Thread: 政治・地方自治・選挙 - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

2018-02
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »