Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

平成27年2月の中央省庁・議員会館申し入れについて(再) 

今年の2月、弊会では中央省庁・議員会館申し入れを行いました。何らかの理由で該当記事が消えているので、厚生労働省に提出した申し入れ文章をこちらにも貼り付けておきます。弊会からの参加者は近藤情報部長兼事務局長など幹部らや、旧男性差別を許さない市民の会の代表であった吉田事務係など。

当初、子宮頸がん問題担当者が出てこなかった厚生労働省~国民の健康福祉を真剣に考えない官僚
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-2272.html

厚生労働省・議員会館で要請活動をやりました♪
http://dansakai.blog.fc2.com/blog-entry-61.html


S__8355858.jpg

S__8355857.jpg
↑旧男性差別を許さない市民の会の吉田佑司元代表(右)と弊会の近藤事務局長(左)

IMG_6778_convert_20150225122837.jpg

10991181_818717234858360_7069359856686178053_n.jpg

10994222_571507009652679_3861466221468737006_o.jpg



厚生労働行政に対する申し入れ

私ども「教育正常化推進ネットワーク」は、政治思想的には保守のスタンスに立脚する民間団体です。
厚生労働行政については、雇用の安定、国民の健康と福祉の確保を第一に考えた行政を推進していただきたいと考えておりますが、昨年7月も申し入れをさせていただきました。安倍政権下での新自由主義政策は、その意味で非常に懸念されるところです。
今回も労働法制の改悪や、ハローワークの求人内容と実際のものが著しく乖離した問題、多くの被害者が出ております子宮頸がんワクチンの接種中止と被害者に対する補償、再発防止など10項目を申し入れさせていただきます。

1、政府が進める労働規制緩和について労働者と雇用主の関係性を考慮し、金銭による解雇などが横行しないよう労働契約法の趣旨の徹底を改めて行われたい。なお、わが国の労使関係は階級対立にはないことを踏まえていただきたい

2、労働者派遣法の一般派遣を見直し、原則は正規雇用であるとの考えを守り、非正規雇用の増加につながる派遣法改正、改悪は中止していただきたい

3、事業所数に対して不足が指摘される全国の労働基準監督官の増員を含め、司法警察権限を強化し、違法脱法行為を行う事業者への臨検や是正勧告だけではなく事業者への罰則を強化していただきたい。監督官の増員を政府・財務省に対して強く要望されたい

4、残業代ゼロと批判された労働時間規制緩和について、成長戦略で決定した労働時間規制の撤廃は、要件が定められたとはいえ、今後の要件緩和もあり得ます。長時間労働や長時間労働による過労死など、現行の裁量労働制の弊害も含め検証し、労働行政の原則を守り、一部民間議員や財界の要求とおりにならぬよう現場の声を受け止めた施策にしていただきたい

5、現在、国土交通省や貴省、業界団体など連携して、建設業の社会保険未加入問題の是正が進められていますが、他の業種においても社会保険雇用保険にすら入らない悪質事業者への是正指導・取締りを強化されたい

6、外国人技能実習制度の規制緩和など安倍政権が進める外国人労働者受け入れの規制緩和は、弊害も多く指摘されています。移民につながる懸念もあります。関係省庁や規制改革会議や産業競争力会議に対して所管省庁として妥協することなく、自国民保護を第一に考え、低賃金労働者の増加などにつながらないよう配慮されたい

7、ハローワークに出されている求人の虚偽内容が問題化していますが、求職者が泣き寝入りなどならぬよう、労働局によるそのような事業所への監督指導を強化し、監督官にもその権限を付与するなど更なる制裁措置の強化を行われたい

8、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の接種は即時禁止し、接種後に生じた精神、身体機能障害に対する公的な社会サービスの利用と構築、被害者家族に重くのしかかる治療費用、保険診療自費診療にかかわらず治療に関わる全ての長期的金銭的援助、すでに被害を受けた子供たちの健康確保を含め、再発の防止、過去の薬害事件の教訓を生かした取り組みを行われたい それにあたっては在学中の児童・生徒が多いことから、文部科学省に対して、学生への就学就職支援やサポート体制の構築、進級・卒業に係る出席日数など特段の配慮を行うよう改めて求められたい

9、厚生労働省「がん検診推進事業」として、「子宮頸がん」「乳がん」「大腸がん」が「検診無料クーポン」がございますが、男性の前立腺がんについてもこれを実施していただきたい

10、政府や地方自治体の進める「ポジティブ・アクション」は、性別による取り扱いの女性優遇措置であり、男女雇用機会均等法5条「事業主は、労働者の募集及び採用について、その性別にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。」に抵触する恐れが強い。過度な女性優遇措置は是正していただきたい

平成27年2月24日

厚生労働大臣
塩崎恭久 殿

教育正常化推進ネットワーク 
労働法制・雇用問題を考える保守の会





<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: 活動報告

Thread: 政治・経済・時事問題 - Janre: 政治・経済

TB: 1  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/129-17914daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEALDs(シールズ)は共産党の下部組織か?

安保法制反対の運動が活発ですが、背後に共産党がいるという説が広まっています。 しかし、現実は「便乗」というのが正しいでしょう。それが共産党や左翼党派の手法。便乗、あるいは加入戦術です。とくに共産党が一点共闘の方針を明らかにしていて、党勢拡大の好機と位置づけているのは間違いない。

なめ猫♪ | 2015/08/13 15:07

top △

2017-03
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »