Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

企業スポーツと雇用 

つい先日、都市対抗野球があったため、それを観に東京ドームへ行った。
覇者は、大阪市代表の日本生命であった。
何試合か見た中で、MVPに該当する橋戸賞を受賞した投手の活躍はお見事だった。
都市対抗野球とは、社会人の大きな大会の一つである。
毎年夏に東京ドームで開催される(2011年は大阪ドームで開催)。
特徴は各地区予選を勝ち上がったチームが予選で負けた同地区の選手を三人まで補強できる補強選手制度があること。
この選手の活躍が優勝のカギを握っている。
また、応援も各社力が入っており、名物でもある。

応援賞なるものが存在し、各社工夫を凝らしている。
会社の福利厚生、並びに多様性の確保の一環として各社野球部を有している、いた企業もかつては多かった。
最盛期は200を超える企業が野球部を有していたが、不況のあおりを受け、休部・廃部が相次いだ。
有名どころでは、NTT北海道、NTT東海、日産自動車などである。
特に北海道地区、西関東地区は激戦区だったが、今現在、強いチームが減ってしまっている感が否めない。
休部・廃部の主な要因は先述の通り不況であり、同時にコストカットの一環で野球部が目をつけられるというものである。
特に、企業スポーツを奇異な目で見る外国人経営者が上に立つとそのような傾向がより一層強くなる。

また、選手は社業と野球の両方に勤しんでいる。野球をやりつつ、勤労できることから、球児たちの受け皿となっていた企業も少なくなかった。そのため、日本的企業文化の象徴ともなっている印象がある。
某社は自社の労働組合を動員してドームの多くの席を占めるほどの力がある。その会社は会社が一体となるイベントとして、重視していることが伺える。労働者として、野球の試合に出ている仲間の応援に力が入っていると私は感じた。
協議を専門として、給料をもらうプロスポーツと違った面白さがあるため、何としても、長く続いて欲しいと思っている。
野球以外にも、駅伝をはじめとした陸上競技も企業スポーツの文化が根付いている。

わたくし個人としては、不況下で野球部の休部や廃部はやむを得ないが、同時に就職の間口が狭くなるのは残念である。
裏を返せば、コストカット至上主義となると真っ先に目が向けられるため、存続している野球部は企業スポーツを続けられる体力が十分にある、就職先として受け入れられる力も十分ということでもある場合が多い。
何としても、こうした面からも、就業支援等検討してほしいと思う。

現状、新自由主義のもと経営のスリム化を推し進めており、雇用に関する環境は厳しくなってきている。
働く側の主張よりも、経営する側の主張が重んじられており、いつの日か、階層社会となる懸念がある。
当会としても、新自由主義に歯止めをかけるための活動を実施している。
何としても、雇用環境の是正は実施していただきたいと感じるあまりである。


皆様にお知らせです。弊会の近藤情報部長兼事務局長が、次号発売の「月刊日本」に取り上げられます。国による金融ビジネス批判、反グローバリズムの認識で書いています。お読みいただけましたら幸いです。


月刊日本の次号
発売日:2015年09月23日
K&Kプレ

月刊日本の次号予告をお届けします。
Fujisan.co.jpでは表紙画像や目次情報などを取り揃え、雑誌の購入情報をお届けしています。買い忘れや売り切れのない定期購読もぜひご検討ください。
http://www.fujisan.co.jp/product/1224061/next/

2015年09月23日発売号 の目次
【巻頭言】
南丘喜八郎 亡国への水先案内人─新聞の大罪
白井聡 なぜ日本人は敗戦を認めないのか
水野和夫 日本は「身分社会」になる
白馬崇嶺 華夷秩序の復活を目指す中国の野望
施 光恒 英語化は植民地政策だ
近藤将勝 奨学金という名の貧困ビジネス
森田実 日本人の堕落の象徴 自民党総裁選



<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: その他

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/151-52c22f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »