Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

福岡県八女市教育委員会に教育政策の是正を求める申し入れを実施 

お茶で有名な福岡県八女市に教育正常化推進ネットワークと福岡の教育を考える会合同で申し入れを行いました。笹原業務統括部長と近藤事務局長の2名が八女市を訪問しました。

9月議会に提出していた陳情に対する市教委の回答を求めるものです。

12313694_953148211415261_6531566581661399003_n.jpg

12289625_953148204748595_7527910847437729864_n.jpg


学校教育課係長が対応し、1時間ほど会談しました。

八女市教育委員会に提出した申し入れ書。
後日、文書にて回答するとのことでした。

拉致問題の内閣府のポスターが来客者にわかりづらい場所に掲示されていました。
12294635_953148194748596_3137233063721683175_n.jpg


平成27年11月27日
八女市教育長 西島民生 殿
福岡の教育を考える会代表
守口 竜
教育正常化推進ネットワーク代表
千葉 明

八女市教育政策の是正を求める申し入れ

本会は、保守系の市民団体で、教育問題、とくに教職員組合と行政との癒着の是正をはじめとして、文部科学省など中央省庁への要請活動や国会陳情、最近は、日本学生支援機構の奨学金問題などに取り組んでいます。11月10日に北九州市長・北橋健治氏と市議会議長¬・戸町武弘氏に25日には、福岡県知事・小川洋氏と同教育長城戸英明氏、福岡市長・高島宗一郎氏等に、子宮頸がんワクチン被害救済の独自救済を求める申し入れを行いました。その申し入れは、テレビ(NHK北九州・RKB毎日・FBS)・新聞(毎日・読売・西日本)で報じられております。
さて、安倍政権が発足して、教育を含めて諸改革が行われています。教育現場では、かつてのように国旗・国歌でトラブルを起こす現場も減少しています。 
しかし、現実にはまだまだ教育現場を見ると学習指導要領を反故にした教育内容や文部科学省および県教委の指導を無視した地教委は各地に存在しています。その地教委のひとつが八女市ではないかと思われる点がございます。
すでに出されている内容ですが、平成25年11月にサザンクス筑後で開催された福岡教育連盟の父母と教師の教育交流大会を八女市教委が後援しなかったことに現れています。連盟は、県立高校中心の教職員団体です。八女高校や福島高校、八女農業高校などにも分会があり、いまや組織率は、日教組系の高教組よりも圧倒しています。そして義務制も加入可能です。

今年、11月に都久志会館において開催された交流大会では、県教育委員会から理事の友野晃氏、議長代理として文教委員長の伊豆美紗子氏(宗像市選出・自民党)が出席し、来賓祝辞をされ、多くの県議・市町村議員が出席しておりました。2年前の大会でも同様でした。ところが八女市は、後援しないのは日教組に阿ったとしか考えられません。いずれにせよ教育長の姿勢が問われる重大問題です。この件に関して明確な回答を求めます。

次に、長期にわたり同和教育課に在籍した係長による市民への威圧事件や、旧立花町差別はがき自作自演事件は、裁判でも差別事件を自演した元嘱託職員の男が認めていたように、解放運動の圧力を利用しようという思惑がございました(「どん底」小学館文庫、月刊「正論」(産経新聞社)平成22年5月号 参照)。

先に提出した陳情にもある八女市立西中学校の校長は、同和教育推進をしてきた人物であり、組合活動家でした。本会では、平成6年から8年前後、同中学が荒れたときに、彼をはじめとする組合教師が何をやったか、卒業生や当時のPTA役員から聞き取りを行いました。同校(西中学校)が学校便りに元号を使わないことは、すでに県議会や県教委に通報しており、このまま改善をしなければ、昨年の柳川市同様、文部科学省に対しても、偏向教育が市教委の黙認のもと、組織的に実施されていると伝えざるをえません。また、同和問題だけではなく北朝鮮拉致問題なども、人権教育で取り組むべき課題です。
同和教育行政の正常化は、長年の懸案ですが、是正を強く求めます。

これらは、偏向した考え方を掲げる教職員組合や運動団体のあり方の問題もありますが、摩擦を恐れ曖昧にしてきた教育委員会の責任も大きく、正常化の進んだ県立高校との人事交流の促進などを推進し、教育正常化団体の行事の後援もしない(筑後市は市長部局・市教委ともに後援)というような圧力に対して毅然とした姿勢をとるべきです。
最後に、冒頭書きました子宮頸がんワクチン問題ですが、子宮頸がんワクチンの副反応(副作用)の被害が、福岡県内においても報告されています。

国の自治事務として八女市も接種勧奨に関わった以上、積極的な対策が求められていると思います。この問題は、被害に苦しむわが子を思うお母さん方が積極的に国や自治体に訴えておられます。全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会福岡県支部も発足しており、福岡市や県では独自救済を視野に入れた動きがあります。本市においても実態調査を行い、ワクチン副作用について積極的な広報に取り組み、被害の訴えがあれば速やかに市予算で救済することを求めます。
上記を踏まえ、次の要望事項について、明確に文書でのご回答をいただくことを求めます。


要望事項
1、 平成25年11月の父母と教師の教育交流大会の後援をしなかったことについて、経過を文書においてまとめたものを後日文書でいただき、今後そのようなことがないよう務め、一部の団体との癒着は是正していただきたい

2、 八女市立西中学校の学校便りをはじめ同和教育や教職員組合の論理で、元号を使わないことや、日本が悪かったという自虐史観、男女の性差否定の教育などを速やかに是正し、体育祭では国旗掲揚・国歌斉唱を小中すべての学校で実施することを求めます

3、 八女市教育研究所の研究員については、とくに教職員組合の影響を受けた者は、受け入れず、教育の政治的中立性を遵守させることを求めます

4、 県教委との人事交流を進め、県立高校から校長や教職員を受け入れ、人事による血の入れ替えを進め、「ムラ社会」的な学校現場のあり方を変えることを求めます

5、 副作用の問題を、市長部局とも連携し、市の広報、ホームページ、学校経由、その他、市民に周知すること。さらに、被害者へのヒアリングを八女市独自で行い、接種の実態調査を行い、被害申告があれば就学援助、就職支援など救済を実施することを求めます

12274744_953152521414830_7268234220015310267_n.jpg

12301487_953152534748162_2153652671782612701_n.jpg


その中で、子宮頸がんワクチンの問題についても行政へ申し入れを行いました。
八女市役所一階にある健康推進課では課長が中々出て来ず、応対に問題がありました。また、市民に配布されているパンフレットには子宮頸がんワクチンについて小冊子を発見。グラクソ・スミスクライン社が資料提供として載っています。



<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: 活動報告

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 2

top △

コメント

八女市は、お茶で有名だが、教育は日教組王国なのか。

やまと #- | URL | 2015/12/13 16:31 * edit *

やまと様
福岡県八女市は全国的にもお茶で有名ですが、教育問題は難ありですね。調べてみると出鱈目な市議会議員もいるようです。

教育正常化推進ネットワーク広報課 #- | URL | 2015/12/23 00:37 * edit *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/174-307af360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-03
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »