Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

文部科学省に申し入れを行います 

教育正常化推進ネットワーク(東京都新宿区)では、友好団体である福岡の教育を考える会(福岡市中央区)と共に、平成28年6月15日に文部科学省に申し入れを行います。

今回の申し入れ内容は、子宮頸がんワクチン副作用被害者の就学支援と奨学金問題の2点です。昨今、教育の現場における子宮頸がんワクチン被害者への対応は重要な課題です。高校教育においては、ワクチンの副反応により通学が困難になり、単位不足を理由に、転学や中途退学をせざるを得ず、学校側の無理解が被害者の未来を閉ざしてしまうような事例が多くあり、極めて緊急性の高い課題です。

また、奨学金の問題も最近、社会問題化してきましたが、問題への取り組みはまだ始まったばかりで課題は多く残されています。子宮頸がんワクチンの被害者家族も、奨学金の返済などに苦しんでいるケースも報告されており、決して無関係の問題とは言い難いものです。


文部科学省申し入れ

日時:平成28年6月15日13時30分~
場所:東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
最寄駅:地下鉄銀座線「虎ノ門駅」 6・11番出口より直ぐ(11番出口より直結)
     地下鉄千代田線「霞ヶ関駅」 A13番 徒歩5分
     地下鉄日比谷線「霞ヶ関駅」 A8番・A13番 徒歩6分
     地下鉄丸ノ内線「霞ヶ関駅」 A4番 徒歩8分
主催:教育正常化推進ネットワーク、子宮頸がんワクチン問題を考える福岡の会


参加希望者は事務局(090-4588-5280)までお電話ください。



要望内容
■子宮頸がんワクチンについて
(1)学校生活について、入院・療養している被害者に対して、個別指導や家庭訪問など特段の配慮を行うこと。その際、人権教育や道徳、ホームルームなどを通じて偏見によるいじめや差別などが起こらぬよう努めること
(2)養護教諭や生徒指導主事、教務主任などに対して、研修を行っていただきたい。その際に、当事者や保護者を招聘するなど、現実に即したものにすること
(3)進路について、就職・進学とわず被害者に寄り添い、経済産業省、厚生労働省の労働局・公共職業安定所や、大学などと連携して、その希望実現に努めること。社会から疎外されず、社会の一員として生活できるよう都道府県教委や私立学校含めて取り組みを行うこと
■奨学金について
(1)返還不要の給付型奨学金を創設すること
(2)金融機関からの融資で運営する事実上の公営ローンである奨学金の制度設計を抜本的に見直すこと
(3)日本学生支援機構の債権管理部を廃止し、サラ金の取立て屋のようなあり方を速やかに改めること
(4)金融機関の論理と教育の論理は大きく異なる。某経済誌における理事長のインタビュー内容は不適切である。かつてのように大学教員など教育者を理事長など機構の役員に配置すること
(5)賦課率を下げたり、猶予期間の延長といった対応にとどまらず、自殺者や破産者を出すような取り組み、とくに現在行われている裁判の取り下げも含めて是正すること
(6)外国人留学生への助成との不公平が指摘されている。まずは自国民の若者を優先すべきであり、その格差是正を行うこと



<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: お知らせ

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/228-74cabfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »