Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク ブログ

日本の子供たちに健全な教育を目指して活動しています。単なる反日教組をこえた教育活動をとらえて、文部科学省や厚生労働省などへの要請活動を展開しています。

厚生労働省への要請、記者会見などのご報告(前) 

5月23日、厚生労働省に子宮頸がんワクチン問題に関する申し入れを行いました。

報道機関も複数参加し、厚労省側が事前にきいていないと開会が遅れる事態がありましたが、頭撮りを行うということで折り合いがつきました。

13433186_1071905592872855_5127059221263089518_o_convert_20160613231753.jpg


厚労省側は、健康局・医薬・生活衛生局、職業安定局から出席。申し入れに沿って回答がありました。被害者連絡会から神奈川県支部長の山田真美子さんが参加されており、悠長な厚労省側の姿勢を厳しく指摘されました。お母さんとして、間近に娘さんの症状をみておられるだけに、言葉は丁寧だが、魂のない官僚の答弁には苛立ちを感じるのは当然だと思います。

13350544_1071904932872921_5797982706338315607_o_convert_20160613231720.jpg


官僚としても、上層部が決めたことで、どうすることもできないという感じで、気の毒には思っている様子でしたが、当事者と家族にとってはのんびり構えていられないのです。

13422419_1071905846206163_5032104313863903267_o_convert_20160613231850.jpg


申し入れ内容は次のとおりです。

平成28年5月23日

厚生労働大臣 塩崎 恭久 殿

子宮頸がんワクチン問題を考える福岡の会代表幹事
近藤 将勝

教育正常化推進ネットワーク代表 千葉 明

子宮頸がんワクチン被害救済に関する申し入れ

貴下におかれましては、厚生労働行政にご尽力いただき感謝申し上げる次第です。
は、子宮頸がんワクチン問題の被害者・家族への支援や行政に対して救済に向けた陳情活動などに超党派で取り組んでいます。役員・会員で、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会の福岡県支部の発足会見(福岡県教育会館にて)や、厚生労働省前の活動に参加するなどもし、昨年11月には、友好団体の福岡の教育を考える会と北九州市や福岡県、福岡市などに独自救済を求める申し入れも行いました。
また、2月より毎月のペースで勉強会を開催して、被害者連絡会の方々からもご参加いただき、国会議員、地方議員にも学習をしていただく場となっております。
ご承知のとおり、子宮頚がんワクチン接種後に健康被害を訴える10代、20代の女性たちが、早ければ6月にも、国と製造販売元の外資系製薬企業を相手取って福岡地裁など4ヶ所で集団提訴します。危機感を感じた接種再開を求める医師らの活動も活発化しており、本会としては、国民の声で再開させない取り組みが急がれると考えております。
 5月18日のMSDのシンポジウムでブッシュ元大統領が講演するなど政治的な力で販促および申請中のワクチンを承認させようとする動きがあるなど、推進派の動きも目立っております。そのような情勢の中で、所管行政である厚生労働省に速やかなる全面救済や当該ワクチンを定期接種から除外することなどを求める次第です。

基本的要望
1、当該ワクチンを定期接種から外すこと
2、利益相反のない委員において医薬品の安全性審議が行われるよう制度設計、人選を行うこと
3、製薬企業の販促活動に対する規制の強化を行うこと

具体的要望
1、副反応被害者の生活に対する施策として、就職・就労支援を行うこと。具体的には、事業者への理解促進など、経済産業省や貴省の職業安定局など関係機関とも連携して、努めること。
2、文部科学省と連携し、学校生活について、入院・療養している被害者の女子に対して、特段の配慮を行うこと。その際、偏見によるいじめや差別などが起こらぬよう努めること
3、医療費の補償、また無償化を速やかに行うこと。それに際しては、被害発生から遡及して行うこと。 またその情報提供を積極的に行われたい            
4、治療に関して、被害者の健康回復のために有効と思われる治療支援、救済を行うこと
5、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)に限らず、ワクチンの副作用についての情報提供を積極的に行うこと。またその旨、都道府県、ならびに医師会、医療機関に対しても指導・助言を行うこと
6、貴省指定病院の非協力的姿勢が報告されている。救済に必要な手続きに必要な書類作成や、患者の診療を適切に行うよう医療機関に指導を徹底されたい



昼食後、午後1時半より厚生労働省日比谷クラブにおいて、記者会見を行いました。朝日新聞はじめ記者クラブ加盟社や、非加盟のRKB毎日放送や世界日報、赤旗なども詰め掛けました。

13416911_1071905666206181_1994519974169913025_o_convert_20160613232230.jpg


厚労省との話し合いのことなど質疑応答がありました。



RKB毎日放送は、福岡の放送局ですが、夕方のニュースで報じています。赤旗も掲載するなどもあり、申し入れが手違いで開会が遅れるなどありましたが、やってよかったかと思います。

厚生労働省から時間の兼ね合いで、武田、村上、真壁の三氏が先発隊として、山本太郎議員事務所を訪問しました。
前参院議員はたともこ氏と面会し、今回の厚労省での結果と今回の陳情を届けた。

山本事務所訪問後、先発隊と後発隊が合流し、山谷えり子前国務大臣(自民党)事務所を訪問。秘書の速水氏と面会した。近藤事務局長との交流は長いそうで、ジェンダーフリーの問題のときから協力しているとのことでした。

参議院自民党は今回のワクチンに反対派が多い。また、性的少数者の権利擁護のことなどでも意見交換。

最後に福島みずほ(社民党)事務所を訪問し、今回の陳情を終えました。近藤事務局長と真壁氏は、そのまま会館に残り、慰安婦問題の集会に参加、笹原業務統括部長や武田主任、村上事務係は反省会を行いました。

(つづく)


<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: お知らせ

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/230-bd35daeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »