FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

教育正常化推進ネットワーク

私達は、政治思想的には保守のスタンスに立脚し、平成19年(2007年)に設立、教育問題やさまざまな時事問題に対して、保守的な立場から取り組んでいます。

「世にも奇妙な物語」の「もう酒ヤ・メ・タ!」について 

 日常生活の様々な場面で、酒を飲むことがあると思います。送別会歓迎会等のお祝いの時や、葬式等の厳かな時の節目節目に酒を飲むことがあります。
 
 酒を飲むことは、人間関係の潤滑油となることもありますが、飲みすぎ等により、人間関係のトラブルを発生させることもあります。
 
 フジテレビで放送されていたオムニバス形式のテレビドラマで「世にも奇妙な物語」というものがあります。その中のドラマの一つ「もう酒ヤ・メ・タ!」(主演 三宅 裕司)は、そのお酒のこわさをあらわす内容になっています。
 
 このドラマの詳細は、いつも酒を飲んで、その時の記憶がないサラリーマンが、様々なトラブルに遭います。そのため、探偵に酒を飲んだ時の自分の姿を録画するように、依頼します。それにより、酒を飲んだ時の自分の姿がわかるというものです。
 
 結末については、ユーチューブなどで、ご確認いただければと思います。
 
 このドラマを、実際に見まして、感じたことは、本当に酒の恐さをよくあらわしてるというのが印象として残っています。ドラマの中では、主人公が会社の出勤に遅刻したり、取引先の人間に絡んだりと、周りに対して大きな迷惑をかけています。
 
 私自身も、酒を飲みますが、過去に、深酒をして倒れる等大きな失敗をしています。その時には、友人に救急車の手配や介抱をしてもらい、また、会社を急遽休む等、ドラマと同じように多大な迷惑をかけてしまいました。
 
 酒はアルコール飲料であり、適量ならば、とてもいいものであります。しかし、多く飲むことによって、倒れたり、昏睡状態になり、場合によっては、死亡することもあるので、注意が必要です。
 
 これらのことからも、酒を飲むことに対しては、慎重にならなければなりません。下手をしてしまうと、アルコール中毒になり、大変です。肝臓等への身体的な影響だけではなく、精神的にも、依存してしまうことになります。
 
 現在、アルコール依存症の患者数は、80万人以上にいるとのことです。この患者数からも、とても遠い話では、ないことがわかります。酒による病気は身近なものであります。

 
 このドラマを見ると、酒を飲んで記憶がなくなる、泥酔する、人に掴み掛かる等の行為の場面があります。
 
 このような行為は、その人の人格が疑われてしまいます。社会的にも非難されるでしょう。酒によって人が変わると言われることもありますが、これはその人の元々の性格であったと考えられます。
 
 そして、酒によって出てしまった元々の性格は、自身が管理していかなければなりません。これらのことを、感じさせてくれるドラマでありました。
 
 これから、年末年始も近づき酒を飲む機会も多くなると思いますが、このドラマのことを思い出し、気を引き締めて、酒と関わっていきたいと思います。


                                                  ※当該記事は武田達弥主任が投稿しました。


参考
世にも奇妙な物語 《もう酒ヤ・メ・タ!》(You Tube)
               
                 4f2b277a7d2a78b6b795397d8fe37722_t.jpeg


<皆様にご支援のお願い>
現在、弊会では事務用品や交通費などの活動資金が不足しており、今後の活動のための資金面での皆様からの暖かいご理解ご協力をお願いしたいと思います。

■ゆうちょ銀行からの送金の場合
記号 10170 番号 27945841 名義「キョウイクセイジョウカスイシンネットワーク」
■銀行からの送金の場合 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
店番 018 口座番号 (普) 2794584

Category: 主張・見解

Thread: 政治・経済・社会問題なんでも - Janre: 政治・経済

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://eduseizyouka.blog.fc2.com/tb.php/621-0c36dcb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2020-11